リミットを外せ

最終更新: 2018年12月15日

こんばんは

コビトフカミです


東京はもうずっと雨

雨の音を聞きながらブログを書いています


何かを仕事にするには

枠を作らなきゃいけない


わかりやすいように

伝わりやすいように

明確に提示できる形で


そう思っていました


オーダーで描く動物画のことです


値段も質もぴったりだと思える

最良な額に出会い

2パターンの額を決めて在庫の確認もし

絵の価格を決めた


モノクロの絵にあう額2種類


サンプルも作り

自信みたいなものもあった

それだけ探し検証した


ところが

初めての依頼で描かせて頂いた絵を額装する時

額装までは良かった


額装し完成を見た時

この子にはもっといい額があったかもしれない

この子にぴったりの額が

そう

気づいてしまった

ぴったりの額のイメージまで明確に浮かぶ

それは確かな実感で

経験が教えるものだと思う


絵が完成しないと

どの額があうかなんて

材質が同じでも

モノクロの絵でもわからない


絵は生き物って散々言ってたのに

仕事にするとなったとき

忘れてしまった


正確な金額で提示することは大切だけど

自分が何を売っているのかを

明確に自分自身が知っていることはもっと大切なこと


高いと思われるのが怖くて

安くいいものをという気持ちが強くあったけど

そこに意識を合わせていたから

自分が何を売り

何を循環させたいのか

また見失う


絵は家族も見てくれる

喜んでくれる

残るもの


それは感想をいただくようになって

痛感した


ひとりひとりのお客様に寄り添えるように

よきものを提示できるように

もう一度ゼロから作り直そう




課題は続く


#価格設定 #絵画の値段 #自分の器 #課題は尽きない










34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

初めてのお客様

こんばんは コビトフカミです。 2018年2月24日 今日。初めて絵の依頼を頂きました。 サイトを公開してから初めて ガクガクでした。笑 サイトを公開するって結構ガクガク 半年くらいは絵の注文は来ないと思っていた。 営業をどうするか 最初のアプローチはどうするか ブランディングは? 色々勉強しながら考えていたけれど 本番は全然違う。 ガクガク笑 ご注文を頂いて もう進め方がわからず 丁寧語なんだか